HOME > 創業時に活用できる助成金

創業時に使える助成金

 創業時に使える助成金は、国が起業支援、起業に伴う雇用促進の為に用意したお金です。

 この助成金には大きく分けて5つのパターンがあります。

 また、この創業関係助成金の場合、法人設立前に相談頂く事が重要です。

 当グループでは、社会保険労務士・行政書士・税理士のワンストップサービスが提供可能です。

 しっかりと安心できる専門家をお選び下さい。
 

助成金項目

助成金概要

最大支給

地域再生中小企業創業助成金 地域の重点分野(地域再生分野)で創業を行う中小企業事業主の方々に対し、その創業を支援するための助成金 500万円

中小企業基盤人材確保助成金(新分野進出)

創業や異業種進出に伴い、新たに人材(基盤人材)を雇入れた場合に、申請可能な助成金

一人あたり
140万円

受給資格者創業
支援助成金

雇用保険の受給資格者(失業者)が自ら創業して、創業から1年以内に雇用保険の適用事業主になった場合に、申請可能な助成金

200万円

介護基盤人材確保等
助成金

介護事業に対して新規参入、別サービス提供又は支店増設等で、一定の要件を満たす労働者(特定労働者)を雇入れた場合に、申請可能な助成金

1人あたり
70万円

高年齢者等
共同就業機会
創出助成金
45歳以上の高年齢者等3人以上が共同して新たに法人を設立し、労働者を雇い入れ、継続的な雇用・就業機会を創設した場合に、申請可能な助成金 500万円

 

  • 初回の無料相談
  • 事務所案内
  • 事務所へのアクセス

Contents Menu

事務所紹介

税理士アルファオフィス

税理士アルファオフィスの地図

行政書士・社会保険労務士
アルファオフィス

行政書士・社会保険労務士アルファオフィスの地図
  • 所員ブログ